開校28年 静岡県浜松市で英語を習うなら「英会話のパシフィック」

053-453-9747

今、ラリアの公立歯科病院で流しの歯科助手中。でもって驚く事が一杯なのさ。
私は移民2年生、勢いだけで移民して、夫ポンチチも日本人なんでラリアの社会制度に疎い。私は公立歯科病院は私立に比べて、安いのだと思っていた。
が働き始めて、患者さんの質があまりにも??で結果、公立歯科病院はタダで、ラリアの生活保護を受けている人しか治療を受けられない場所と判明した…。

でもって公立歯科病院のオリエンテーションに行ってたまげた。私の住むブリ周辺で公立歯科病院での治療を受けられる皆さんが全体の50%だと言うのだ…。
そう50%が生活保護対象者で後の50%がそれを支えているのよ…。

ラリアの生活保護の基準は日本よりはるかに甘く、預金額も持ち家も贅沢な電化製品、家具の有無も関係なく、年収だけで保護が決まる。実際は我が家よりお金持ちな皆さんが保護を受けているのだ…。ラリアの不動産バブルは物凄い事になっているし、ブリで庭付き一軒家を買おうと思ったら中古で、しかも外観も内装も有り得ないほど汚くても日本円で3000万円で買える物件なんて無いのだから。

基準が甘いんで生活保護を受けていらっしゃる皆さんもとっても強気なのだ。プライベートに勤めていた時に、診察室で、FワードもBワードもまして、「黄色よ母国に帰れ!!」などという暴言を吐かれる事は無かった。がしかし、公立では日常茶飯事さ。
まあ私も流しとは言え公務員の端くれ…Public Servantだから仕方ないのかも知れないけどさ。

暴言はヨーロッパ系の移民の方々に多いのである…アフリカ系もアジア系も滅多に来ない。
アフリカからの難民を沢山受け入れているのにね…。そう移民の中にも格差があるのだ。
公立病院のカルテには必ず何処の国出身なのか書く欄があるのさ。
やっぱり白は一番らしい…ってねえ生活保護されてても、白が偉いって思える何処までも強気な姿勢が、謙虚な日本人の私には理解できないのだけれど…。

私より流暢な英語を話し、でもって差別を受けにくい白ちゃんなのに、何故にあなたは保護対象??働く気が無いのかしら??でもって怒りを私にぶつけなくてもねえ、イエロービッチと呼ばれ、英語がちゃんと喋れないなら語学学校に行けと突っ込まれながらも、しっかり納税してるのよ私。白ちゃん達、私を甚振る前に、真面目に働こうよーと心の中で呟きながら、医療活動してるのさ。

でもってこの方々、結構、ややこしい病気をお持ちの方々が多い、B型、C型肝炎にHIV、
日本でも増えているとは聞いている。でもって歯科助手のコースでもそれらの病原菌が体を離れてどのくらい生き残るのか?それから身を守る方法は?等しっかり習った。
でも講師の先生は「そう滅多には無いけどね。」と言っていた。それはあくまでもプライベートが基準なんだと今公立で働いていて思う…日によって波はあるものの、毎日お会いできるのだ。

プライベートに来る患者さんに比べて口腔内の衛生管理が物凄く悪いのも公立の特徴さ。
30代で総入れ歯って、物凄い歯槽膿漏だったり、虫歯の程度も凄い。多分、教育のレベルが低いんだと思う。歯を磨く大切さと言う簡単な事すら判ってない様な。

何だかラリアの闇を見て働いている気分さ。見なくていいものなら見たくなかったって感じ…まあ何処にも闇はあるけどさ。バンクーバーの中華街のそばの警察の前に屯って居るゾンビみたいな皆さんをバスから見て、「ううっ、カナダの闇を見た。」と思った私。
シンガでも、売春宿の並ぶゲイランと呼ばれる地域を散策して、うーん綺麗な場所だけじゃないのねとため息をついた私。NZでもストリートチルドレンの多さに驚いたし。

まあ闇を見ても、まだラリアへの愛は変わってないけどさ。

ラリアもしっかり格差社会…保護は意外と厚いみたいだけどさ。歯科助手して学んだ事、
ラリアで男と付き合ったらまず口の中を見てみよう!!しっかり歯科矯正がしてあり、白い歯だったら支えてる方の50%、でもって虫歯だらけでガタガタだったら支えられてる方の50%だって判るからさ。って私一応…人妻だった…ポンチチよ、すまん…浮気の予定はまだ取り合えず無いからさー。

写真はラリアへの愛を繋ぐ大自然です。

英会話無料体験レッスン受付中!

英会話のパシフィックの授業内容を体験していただくため、無料体験レッスンを随時受け付けております。事前にお電話にてご予約ください。

TEL.053-453-9747

ランダム記事

2009.03.01
連載 「マーコの社会人からのカナダ留学」
こちらは、昨日、今日と久し振りに雪が降って、天気があまり良くないです。 まだまだ春は遠そうです。  私は相変わらず、平和な日々を送っています。・・・といい…

2012.12.01
「今日から12月」
  「今日から12月」  今年もとうとう12月となりました。 冬休みももうすぐです。 クリスティーナ先生とローラ先生は22日にア…

2013.09.19
「シェイン先生からの便り」
「シェイン先生からの便り」 サンフランシスコに住むシェイン先生からカードが届きました。 シェイン先生の夏休みは短く、写真のオレゴン州への短い旅…

2010.06.07
母国語が英語だからって皆が出来るわけじゃない。
タイトル通りである、本当にまんまなんだけど、そうなのである。 私、只今、とっても恵まれない職場で死にそうな毎日を送っている、そんな中、資格取りの為のアサイ…

2014.01.24
私の英語が上達しない理由発覚。(ガニコとポンチチ in ラリア)
写真(オーストラリアの初日の出) 私の英語が上達しない理由発覚。 私の英語は相変わらずぶっ飛んでいる。 一番きれいに話していたのは多分、パシ…

おすすめ記事

できるだけ早く英語・英会話をはじめた方がいい理由
英語・英会話の重要性を、ご紹介しています。
週2回のレッスンを推奨している理由
英会話を学ぶときは、時間も大切ですが、継続がそれ以上に重要です。
ビジネスマンが英語を学んだ方がいい理由
ビジネスマンは、英語は必須条件。大企業では、英語は使えて当たり前の人材を求めています。
20〜40代の女性が英語を学んだ方がいい理由
女性も活躍する時代。英語学習に関するアンケートを見ながら、20〜40代の女性が英語を学んだ方がいい理由をまとめました。
静岡県浜松駅周辺の英会話教室3社の内容を比較してみました
今回は浜松駅前周辺の英会話教室の内容や価格を比較しました。

バックナンバー

海外・留学情報、レッスンなど最新情報を紹介!! パシフィックマガジン
英語コラム、受講生の体験談、卒業生からの体験談紹介など、英語に関するコラムを随時更新しています。
Twitterはじめました。
ホームページの更新情報をTwitterでもチェックできるようになりました。

PAGETOP