開校27年 静岡県浜松市で英語を習うなら「英会話のパシフィック」

053-453-9747

 

 

 

8月だから思うこと…。

 

片田舎は春、と言ってもまだ朝晩は冷える。 8月は私の誕生月…異国で極貧生活を送る娘に、両親が旅行をプレゼントしてくれた。

ワンコと夫ポンチチと今年2回目の旅行、行先は北上したところにある田舎の古い街。

お年寄りに人気の街だ。 1800年代に出来た街、歴史の浅いラリアでは古い街である。

アジア人が全くいないエリア…やや心許無い。 犬連れでアジア人ってだけでジロジロって見られてしまう場所だったから。 アジア人って括りで見て貰えればいいのだけれど、ラリアのお年寄りの中には相変わらず日本が嫌いな方々が多くいらっしゃるのは事実。

日本で第二次世界大戦と言うと、アメリカ軍という印象が強いと思うのだけれど、日本軍は、まだすごく勢いがあった1942年頃にオーストラリア本土を爆撃している。 東南アジアに居たオーストラリア兵士を捕虜にして、かなり酷い扱いをした…。 日本の歴史の授業で学んだ覚えはないけれど…。

かといってオーストラリアは、戦後対日本に対して、アメリカほど美味しい思いをしなかったし。

ハワイみたいに真珠湾攻撃を忘れさせるような勢いで、日本人観光客が毎年大量に訪れて、大金を落として帰るって事も起きていないし…。

本土を爆撃されるというのは国として大きな打撃だっただろうし、誇りを大きく傷つけられたってことも事実だと思う。

なのでラリアのお年寄り、日本はそんなに好きでない方がいらっしゃる。 で田舎って結構保守的なので旅先でビビる。 今回訪れた街をもう少し北上すると爆撃を受けた街があるわけで…。 ってかなりあちこちオーストラリア本土を爆撃したのだ日本軍…。

まあラリア人、判り易いので、アジア人ってことで完全無視する人と、そんなの関係なくフレンドリーによってきてくれる人と真っ二つで、笑顔で近づいてきてお腹真っ黒って感じの人はいなかったけれど…。

今回もいい感じで、ワンコがクッションになり、お年寄りとお喋りしたりできた。

何だか我が家はワンコのおかげでラリアに根付き始めているのだけれど…。

ラリア人の動物愛には濁りが無いって思う。 ワンコを本当に可愛がって撫でて遊んでくれる。 車の中にワンコを放置している飼い主が居れば、その飼い主が戻ってくるまで、車の近くに待機して見守ったり、動物保護団体や警察に通報したり、クジラが、サメ除けの網に引っ掛かってしまったと言えば、皆総出で助けに出掛ける。

家のにゃんわんをVETに連れて行くと、怪我した野生動物を保護して、病院にわざわざ連れてきて、「○○で保護した。」と地名まで伝え去っていく人が結構いる。

地名を伝えるのは、その動物がけがから完治した時に元々いたところに戻してあげる為だ。

そういうことを、普通の人が普通にやれてしまう国民性は凄いなあって思う。

話がそれたが、春の旅行でも、我が家のワンコはおじいさんズに一杯可愛がってもらった。

おじいさんズの名言が心に優しく染渡った。

「彼女は喜びそのものだ。 君たちは幸せだよ、こんな喜びと一緒に生きられて。」

こういう臭いセリフも英語で聞くと素直に心に入ってくることが不思議、英語ってストレートな表現や詩的な表現がこっぱずかしくなく合うなあって。

日本の回りくどい奥ゆかしい表現も美しいけれど、ストレートな表現も心に響くなあって。

一応2カ国語が判るので味わえる違い…この頃はストレートな表現の方が自分に正直な感じがして好きなのだけれど…。

移民暮らしは相変わらず楽ではないけれど、外から日本が見られること、日本人としての表現の仕方では、他の国の人には通じないことが多々ある事等を学べることが新鮮だと思う。 そしてオーストラリアと日本の歴史を突きつけられることは怖くもあり、日豪の未来は明るいものであってほしいと願う気持ちは大きい。

また1つ年を取ってしまったけれど、好奇心だけは20代のまま、此処で暮らしていきたいなあって思っている。

 

 

 

 

 

英会話無料体験レッスン受付中!

英会話のパシフィックの授業内容を体験していただくため、無料体験レッスンを随時受け付けております。事前にお電話にてご予約ください。

TEL.053-453-9747

ランダム記事

2019.07.18
ひと房のバナナ。たくさんのバナナ。
年に何度かアメリカの家族を訪れている生徒さんがいます。 もともと英語はバッチリですが、日本にいる時でも英語を忘れないために、そしてより磨きをかけるために、…

2009.10.05
「美代子のカナダ留学」
やっとパソコン復活しました (^o^)/ 遅くなりましたが旅行の報告です☆ 初めにびっくりし…

2013.01.23
「ガニちゃん・ポンチチ君のスクール来訪」
  昨日、オーストラリアに移民したガニちゃんとポンチチ君が突然スクールに寄ってくれました。 お土産に高級白ワインをいただいてしまいました。(…

2017.03.31
旅立ち(大学編)
旅立ち(大学編) 合格おめでとう! 昨日、Mちゃんがお母さんと一緒に旅立ちの挨拶に来てくれました。 Mちゃんは第一志望校の中央大学商学…

2014.01.07
「マルタ留学」 (Yさんからの便り)
「マルタ留学」(Yさん) マルタは、本当に治安がいいので夜にお酒を女の子と出かけても大丈夫です。 ホストマザーに確認しましたが、危険な地域はないそうです…

おすすめ記事

できるだけ早く英語・英会話をはじめた方がいい理由
英語・英会話の重要性を、ご紹介しています。
週2回のレッスンを推奨している理由
英会話を学ぶときは、時間も大切ですが、継続がそれ以上に重要です。
ビジネスマンが英語を学んだ方がいい理由
ビジネスマンは、英語は必須条件。大企業では、英語は使えて当たり前の人材を求めています。
20〜40代の女性が英語を学んだ方がいい理由
女性も活躍する時代。英語学習に関するアンケートを見ながら、20〜40代の女性が英語を学んだ方がいい理由をまとめました。
静岡県浜松駅周辺の英会話教室3社の内容を比較してみました
今回は浜松駅前周辺の英会話教室の内容や価格を比較しました。

バックナンバー

海外・留学情報、レッスンなど最新情報を紹介!! パシフィックマガジン
英語コラム、受講生の体験談、卒業生からの体験談紹介など、英語に関するコラムを随時更新しています。
Twitterはじめました。
ホームページの更新情報をTwitterでもチェックできるようになりました。

PAGETOP